静岡の秋はこれで制する!ブルーワークのZIPフーデット


静岡市は、さわやかな秋の陽気。

 

いよいよ秋ファッションにスイッチしたいところですが、皆さまご準備はおすみですか?

ここから一気に肌寒くなっていきますので、タイミングをのがすと買いそびれて一度しかない2016年秋が楽しめなくなってしまいます。

ファッションを通して新しい発見や出会いは必ずあるはず。ブログを見たら是非ご来店ください。

 

10日まで、スタンプポイント2倍フェア実施中です。

2%e5%80%8d

本日は、入荷と同時に反響があるブルーワークのアイテムを。

日中は暖かく、夜は冷え込む秋は意外と着るものが難しい季節。

特に静岡では車社会ということもあり真冬以外はTHEアウターは敬遠されがちな傾向にあります。

そこで中間ウェアながら、そこそこの冬までいけて春までも着れてしまうのがブルーワークのフーデットです。

 

54-08-64-08255

 

BLUE WORK

¥30,000+税

XS / S / M

 

まず、素材ですがラムズウールとポリエステルで編んだ仕上げの段階で熱を加えて、ポリエステルを固めています。

そうすることで、ウール感は少し残しながらもペーパーライクな独特のタッチが実現されています。

 

あまりウールのふっくら感・毛足の長さを出しすぎても季節が限定されてしまいますが、このパリっとした生地であれば見た目の印象も温かみがありながらクドくないテイストに。

 

dsc_0357

 

着丈の長さを見てください。

コートの中でも短めの設定。ロングジャケットとかカーディガンのバランスと同じです。そうすることで身長を選ばず、且つカジュアルな着こなしが出来そう。

事実、着丈が長いのに抵抗があったお客様にもご購入いただいています。コレならバランスが良くてかっこいいねって喜ばれています。一度ご試着してみてください。

 

dsc_0367

 

 

きれい目な1着ですが、フードがあることでかしこまらない雰囲気になっていますね。透明感があって、キドっていないのが好印象。

静岡県民の皆さまはフード好きということに気が付き今シーズンは多く入荷しています。

地方ではお出かけ場所も限られてくるわけですが、静岡ではどこか少しのカジュアルテイストが入っていると着やすく、場所も選ばないからでしょう。

 

dsc_0387

 

Wジップですので、もうおなじみのマント風。

全体が重いカラートーンと感じたら、このようにインナーとのレイヤードするのが正解です。フードもハリがある素材によってダレていません。

 

このクリーンなブルーワークらしいスタイルですが、いつものデニムにもハマる汎用性があります。

dsc_0396

 

こんな感じ。

薄めのデニムにスニーカー。ここにフーデットを着るだけでカジュアルだけど知性を感じるスタイルに。

dsc_0416

 

巷で時世代のスニーカーとして注目されているREPRODUCTION OF FOUND

French Trainer
¥18,000+税

SIZE 41が再入荷しました。これは早いもの勝ちになります。

 

dsc_0430

トップスもブルーワーク

これは使えます。チェルシージャージーモックネックプルオーバー(¥13,000+税)

スウェットほど肉厚でなく、ジャージよりもしっかりした生地。裾をリブにしていないのでカットソー感覚で1枚で。そして、インナーにも。

 

dsc_0407

 

コートの裏地をなくすことで、長い着用期間になっています。最近はやたらライナーをつけないのが世界基準。

シワになりにくい生地なので、そのまま車の運転もOKです。

 

コートと呼ぶほど大げさな重アウターではないけれど、インナーの組み合わせによってはそこそこの寒さまで対応できそうです。

こんな絶妙な羽織りを待っていました!

 

 


TEL 054-283-4500

営業時間 11:00~20:15 (水曜定休)

〒422-8041 静岡市駿河区中田2-11-30

 

公式オンライン↓

友だち追加【LINE@トークで質問する】

画像リクエスト/サイズ感などお気軽に!