今年は、ヘビースウェットを選びたい


 

静岡市もようやく冬らしくなってきました。

リラックス→ストレッチ→スウェットの流れになっているメンズファッションで選びたいのはスウェットパンツ。

一昔前の部屋着の概念はすっかり払拭され、今では正式なお出かけ用として認知されています。

もちろんファッションとして製作されたスウェットパンツを選んでください。

dsc_0608

パリ生まれのSWEET PANTSは保温性があって暖かく、なによりも履き心地がよいのが特徴です。

もともとヨーロッパではスウェット素材はスポーツウェアという要素の他に、ニットの替りとして保温性があって丸洗いできる便利なアイテムという認識で広くファッションブランドから愛されていました。

SWEET PANTS スリムパンツ

¥13,000+税

GREY / INDIGO

 

今回も一番人気のスリムなシルエットのリブ仕様が入荷しています。

dsc_0613

ワンタッチで紐を留めることができるアクセサリーも健在です。

dsc_0622

奥のグレートーンのカモ柄は¥16,800+税

どれもダウンやジャケットなどと相性が良く都会的なテイストです。

スウェット専門ブランドの自信作を1本どうぞ!

 

dsc_0637

アメカジ過ぎない品の良さが光るブルーブルーとフルーツオブザルームのコラボシャツ

¥12,000+税

サイジングがブルーブルー監修だけあって日本人好みの着丈・袖丈です。残りはサイズSのみ

スウェットパンツと綺麗に合っていますよね。

 

同じくスウェットを使ったアウターは、BLUE BLUE JAPANから。

すでに非常に好評です。

dsc_0661

BLUE BLUE JAPAN

ヘビースウェット リブカラージャケット

¥46,000+税

定番として採用されている度詰めでしっかりしたヘビースウェットですが、今年は少し軽くなって柔らかくなった印象。

いままで少し重さが気になっていた方には朗報です。

 

寒さとは気温が目安には違いないですが、体感温度は「風」の吹く強さによって左右されます。

静岡市は遠州地方までとはいきませんが冬の風が強い地方なので、暖かいといわれる静岡市でも風が吹くとやっぱり寒いものは寒い!

まず、アウターは風をいかに制するかにかかってきます。

 

dsc_0696

前立ては、ファスナー付きに蓋をするボタン留め。

表面のヘビースウェットはコットンながらしっかり度詰めで風を通しません。

 

dsc_0681

袖口にインナーリブを配置して隙間風も許さない徹底振り。

いくらボディを重厚にして保温性を求めても、このリブがあるのとないのでは、まったく暖かさが違います。

 

dsc_0666

もちろん、首元もリブ仕立て。

寒い時、このリブを立ててマフラーのように活用すればより完璧でしょう。

表面の防寒性はご覧の通りですが、ブルーブルージャパンのアウターの最大の特徴は内側にあり!

 

dsc_0679

肌さわりの良いボアがこれでもかというくらい搭載されています。

ニットでは毛玉やチクチクが気になる方も、このボアアウターであればインナーを考えることなく、いつものシャツ1枚で十分です。

素肌で触れて気持ちがいいので、

08

ポケットの内側にも取り入れてあります。

 

dsc_0705

重アウターだけれど、無骨すぎない印象はヘビースウェットの賜物。

スマートなカジュアルを演出。年齢を選ばない名作として君臨しています。

dsc_0655

上下Wスウェットですが、驚くほどかっこよくキマりました。

リラックスしながらも、オシャレに魅せるコンビネーションです。

アップデートされ、より着やすくなったヘビースウェットシリーズを今年こそ是非どうぞ!

 


TEL 054-283-4500

営業時間 11:00~20:15 (水曜定休)

〒422-8041 静岡市駿河区中田2-11-30

 

公式オンライン↓

友だち追加【LINE@トークで質問する】

画像リクエスト/サイズ感などお気軽に!