【エンダースキーマ】Back Pack


 

エンダースキーマの2017秋冬のデリバリーも、残り9月便が最終となりました。

今月は靴の入荷となりますので、小物をお求めの方は今のうちにどうぞ。

ファッションアイテムの地位が2段飛ばしで上昇中なのは「バックパック」

利便性に優れた人気アイテムだけに、ここはセンスの見せ所です。

おすすめはエンダースキーマの新作。

functional back pack

¥34,000+税

BLACK / NAVY

1Km先からもエンダースキーマとわかる空気感。

店頭リリースカラーは2色。

ブラックとネイビーとなります。

高い耐久性があるコーデュラナイロンを使用。

そして、女性でも毎日使える軽量さを兼ね備えています。

性別の垣根を越えたエンダースキーマらしい設計。

ブランドのアイコンである素材「ヌメ革」を四隅の底面に。

味わいが増していく素敵なポイントとして、そしてハンドクラフトらしい「ぬくもり」を感じます。

やはり「革」は惹かれるもの。

細かな箇所にクラフトワークがひかります。

バックパックに求めるものとしては、やはり機能性が欲しいところですが

使ってわかる外側ポケットのありがたみ。

すぐに取り出せるスナップボタン仕様と

止水ファスナー付きの2箇所。

持ち手のレザーも良いですね!

内側にはPCが収納できるポケットがついているので、ビジネスシーンからカジュアルまで幅広く使えます。

防水処理済み。

ママBAGは似たようなものが蔓延しているので、「マザーズBAG」としても感度の高いママさん達からさっそく選ばれています。

トップの口は、ロールしてクリップで絞れば防水で安心。

ガバッと口が開いて取り出しやすいのも重要な要素です。

サイドにあるストラップでディテールを変える楽しみ方も。

PINEのBESIC SHIRTSが好評です。

¥21,000+税

ベージュはサイズ46、ホワイトはサイズ48で最後。

再生産がないブランドですので、気になっていただけたら是非お試しください。

クリーンでナチュラルなサイジングに、サイドスリットに今を感じるデザイン。

しっかりコストを掛けて全て日本で製作されています。

容量は27L

荷物の多い少ないにかかわらず、きれいなシルエットをキープしてくれる工夫が込められています。

BAGひとつでその人の個性が出ますので、ありふれたBAGではなくオシャレなアイテムを手に入れてください。

性別や時代に左右されることのない、今世界で通用する数少ない日本ブランドのひとつです。

行楽シーズンにぴったりだと思います。

functional back pack

 


TEL 054-283-4500

営業時間 11:00~20:15 (水曜定休)

〒422-8041 静岡市駿河区中田2-11-30

 

公式オンライン↓

友だち追加【LINE@トークで質問する】

画像リクエスト/サイズ感などお気軽に!