居酒屋 紀尾井

なんかカオスだけど、美味しい居酒屋があるみたいなんだけど
1人だと心細いので、Kさん誘って行ってみることに。

場所は八千代町。浅間さんのちょっと先。

初めてこんなところまで飲みに来ました。

「紀尾井」さん

この林から入っていくのか・・・

予約したものなんですけど・・・ってカウンターに通されます。
小上がり2席と、この6席ほどのカウンター。

入った瞬間、なかなかのディープっぷりです。
店内の写真はブログ上、ギリギリアウトなのでここではカット。

まずはビール。

色々と猫の置物があります。
この日は、逢えなかったけど店の中にニャンコいるとか・・・
仙人のような見た目の、愛想の良い大将がお一人で切り盛りしています。

お通しのふき

旨い・・・

失礼だけど、お店の雰囲気からは想像できない繊細な味付け。
メニュー表はないので、大将に聞いてオーダー

まぐろの刺身をつつきながら店内を観察。
でも、こんなにも混沌として清潔感がない店内なんだけど若い女性1人でくる方や、カップル率が高し。
大将が話しがおもしろくてキドッた感じがないので人柄でしょうね。

自家製スモーク。
サーモンと奥はサバ。
めちゃ旨い・・・

サバは塩気があるので、下にあるポテトサラダと一緒にいただきます。

スペアリブ。
これも、めちゃくちゃ旨い・・・

大将っていったい何者?

聞くと25年ほどやっていて、イタリアンをはじめ数々のお店で修行された経験があるそうで。
カレーから和食、オッソブーコまであるとは・・・すごいお店ですね。
昼はラーメンもやっているとは。

地元、掛川の銘酒「開運」に切り替えて、これに合うツマミをお願いすると

8年熟成させた味噌を使って、イカをピリ辛仕立てにしてくれました。
しかし、こんな名店があったとは・・・

大将の接客がおもしろいし、料理も美味しい。
再訪決定ですね。

この後は、エスタ ノチェ行って

ジンベースのなんかしらのカクテルを作ってもらい

キレイな何かもいただき

これだけ名前憶えてた。
ボンドマティーニのショーンコネリーVer.
そんで、

深夜ながら「魂心家」が行列だったので

空いてる「一蘭」へ
確実に寿命縮まるコースだけど、やめられません・・・

TEL 054-283-4500

営業時間 11:00~20:00 (水曜定休)

〒422-8041 静岡市駿河区中田2-11-30

 

公式オンライン↓

友だち追加【LINE@トークで質問する】

画像リクエスト/サイズ感などお気軽に!