ヴィンテージリアルを感じるデニムジャケット


佐藤です。

最近、各メーカーがリリースしているいわゆるGジャンですが、春に着て、秋に着て、冬はインナーとしても着られる3シーズンアイテム。
インナーやパンツとの組み合わせで季節感を変えることが出来るので非常に便利で注目が高まってきています。
ディテールベースはリーバイスのサードがほとんどなので、細かなサイジングや加工に違いはあるものの他ブランドとの違いがパッと見では感じにくい市場でもあると思います。

本日の紹介は、ミリタリーウェアマニアともいえるVADELのデザイナーが製作した至高の1着

GJ053 DNS04
DENIM JACKET type-1
¥48,000+税

ラングラーの60’S初頭のモデル“11MJZ”とリーバイスの1st“506xx”をサンプリングしたデニムジャケット

いままでにないオーラを放つディテールです。
加工のウォッシュトーンは、すぐそこまで来ている春を感じさせながらもオールシーズン活躍してくれます。

中にきたヘンリーネックTEEもVADEL(¥9,500+税)
ところどころに見えるクラッシュ加工は

このデニムジャケットのもつ無骨な存在感を引き立てる必要なエッセンス。

ダメージ加工のやりすぎはかえってチープになりますが、ストーリーを感じさせる絶妙なバランスは見事です。

ラングラーの機能的な一面をとらえ、リーバイスの直線的なディテールを融合した1着。

どこか埃臭いヴィンテージテイストを生むために米綿を使ったストレッチ仕様。
なので、気になる恒例のストレッチテストは

満点合格です!

ゴワツキがなく着やすさを追求した13.2ozのデニム生地。
キックバックが強く、AG JEANSに通ずるファブリックの良さが際立っています。

寒いときは、今月末まで受注会開催中のプレミアムダウンのベストを合わせてみたり。
男心をくすぐるデニムの質感と加工ですが、テーラードを思わせるシルエットなので
品良くかっこいい。

汚れも気にならずガシガシ着られるデニムジャケットなので、普段使いから野郎呑みのシーンでもきっと活躍するでしょう。

junhashimoto×EDWINのバナナチノ¥22,000+税
いまや白パンは一時のキザなイメージとは違い、履かないほうがもったいない名アイテム。

是非、あわせてコーディネートしてみてください!

VADEL
DENIM JACKET type-1

 

 

 

TEL 054-283-4500

営業時間 11:00~20:15 (水曜定休)

〒422-8041 静岡市駿河区中田2-11-30

 

公式オンライン↓

友だち追加【LINE@トークで質問する】

画像リクエスト/サイズ感などお気軽に!