junhashimoto sacai

INNER RIDERS【junhashimoto】

本日も、初めてスープにご来店いただいたお客様に多く恵まれ
楽しい営業となりました。
ありがとうございます!

昨日のブログで少し登場した

このjunhashimotoのレザージャケット。

くわしく紹介してくれ、とのお声をいただきましたので、
本日はこのレザーをピックアップです。
その前に、ブランドコンセプトがアップデートされました

junhashimoto


’08年デザイナー橋本淳により設立。
コンセプトは【japanese classico】。
イタリアでつちかった美意識を、日本人の「粋」の精神にもとづく
細やかな仕事により服を表現する。
余分な装飾を取り除き、形貌と機能性に意匠的関心を持たせ、
服そのものの美しさによって、外装だけでなく、
本人の「実用的な美意識」を引き出すことを目的としている。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


junhashimoto Philosophy
“変わらぬもの”と“変わってゆくもの”。
そのあわいに立ちのぼる、日本の粋。
我が国の文化の本質は、
西洋ではアンビバレントと思われるものが
共存し、調和していることにある。
たとえば、
“きびしさ”と“やさしさ”、
“かたくなさ”と“しなやかさ”、
“変わらぬもの”と”変わってゆくもの”。
そう、そのあわいに立ちのぼるものこそが、
日本の粋なのである。
独創的美意識といえるだろう。ジュンハシモトの精神は、
それと分ちがたく結びついている。

 

 


LET1021520002
INNER RIDERS
¥155,000+税
BLACK

ファンはご存じの名作「インナーライダース」
発表から5年目のシーズンを迎え、新しい素材が開発されました。

FREELY WRINKLES LAMB

柔らかく、しなやかなラムレザーを使用していますが、
コンセプトとして、「自ら手絞りでシワ感を作ることが出来る」という点です。
通常よりも、皮革にオイルをたっぷり含ませることで実現した特別なレザー

このように、自分で揉みこむとナチャラルで男らしいシワが形成されます。
まったくオイルのベトつきや、匂いの心配もありません。

インナーライダースの特徴のひとつでもある、少し高めに設定されたエリ。

内側にリブを使っているので、武骨だけでない品ある雰囲気が生まれてます。
ミリタリーウェアでは、エリ部のZIPの中にフードが収納されていて厚みが出過ぎてしまいますが
これはZIPのみのディテールで、中身は何もありません。

なので、適度なボリュームで
ここにシワ感を作って、表情を変えることも出来ます。

革新的な革と、美しいZIPラインのコンビネーション

ラッカーニ社製のファスナーは、気品のかたまりです。

体に吸い付くようなシルエット
素材とパターンにより、革のある意味・弱点でもあった「重さ」は感じません。
すでに着る人に馴染んでいるような着心地です。

武骨さや、品格、男らしさ、色気などの要素を全てつぎ込んだ至高のレザー
男が金をかけるときは、こういうものに出会ったときでしょう!

 


1枚で着てもOKですが、インナーライダースが作られたコンセプトである
「アウターの中にも着られるレザー」ですので、コートの中に着るとなおさら良いですね

シャツとの相性は申し分ないですが、
レザーの中は簡単にカットソーにしてコートを羽織れば、
気楽なんだけど完成されたスタイルになります。

いままでの革の持つイメージである重い・堅い・着るときに気合いが必要・・・
とは無縁の1着
幅広い年齢層から支持されている長く着られる本当に良いアイテムです。

是非、お試しください。

なんだかんだで動きが早いレザーですので、気になった方はご連絡ください。
よろしくお願いします!

 

誠に恐れ入りますが、ご入店時にマスクの着用・手指の消毒をお願い致します。

2021年より【火曜定休】とさせていただきます

通販のご依頼はこちら

Recommend

1

  自分へのご褒美に そして、今年のクリスマスギフトの大本命であるステート オブ エスケープ ショルダーBAGがまもなく発売です https://soupmens.jp/wp-content ...

2

  Coming Moon... 2021年 / 1月~   コロナ禍の差しかかり、「おうち時間」や「家族との時間」を楽しんでいただくために、何かないかとずっと考えていた3月の或る ...

3

子育て世代のお客様が多いのが当店の特徴。 メゾンブランドが好きな顧客様も近所の公園では浮いてしまうので、カットソーや小物・キャップ程度に控えて子供と遊んでいるみたい。 TPOは大事です。 広野海岸公園 ...

-junhashimoto, sacai

© 2021 SOUP | スープ公式ブログ