junhashimoto

junhashimoto×EDWIN

朝、台風が去った晴天で暑くなった静岡市
今日は今シーズン初めての、短めショーツに半袖シャツで出勤しています

今日のキーワードは「新感覚」
スイーツなどの食品や、ソファなどの家具にいたるまで
今までにない新しい「しょっかん」は、ついつい手が伸びてしまう
魅惑のキーワードでもあります

関係ないですが以前、薬の「食間」で食べてる最中に服用している人がいたときは
思わず萌えを感じてしまいました

話が逸れましたが、アパレル・繊維メーカーも新素材の開発を日々行い
着心地の良いものに触れる機会が、前よりも確かに多くなっていますが・・・
このデニムには、驚きました!
まさしく、新しい新感覚・新触感!

作り手は、当店でも人気の日本ブランド「junhashimoto」と
あの「EDWIN」です!


日本のデニムブランド「エドウィン」

ジュンハシモトを知らない人がいても、エドウィンを聞いたことがない人はいないくらい
日本のデニムシーンを牽引してきた巨星です

エドウィンへ持つイメージは、マーケティングの方向性から
・町の量販店で販売されていて、どこにでも手に入る
・LEVI'SやLEEなどのほうが、ネーム的にかっこいい(すみません)
といった、ファッションにこだわる方には一歩下がった位置にいたことも。
しかし、それも昔の話。

ミラノの有名店「アントニオーリ」でエドウィンのデニムを見かけたときは
日本デニムの技術力の高さがヨーロッパで通用していると感じました
MADE IN JAPANですからね!

今回のjunhashimotoとのコラボシリーズはヒットの予感です

DNM1308005
EDWIN JERSEYS SLIM MD/USED
¥22,000+税
2 / 3 / 4

EDWIN社でかなりの反響と人気を誇る「JERSEYS」ジャージーズシリースに目をつけたjunhashimoto
楽なジーンズを作りたい気持ちが、今回エドウィンと一致したようです
スウェットデニムは各ブランドからリリースしていますが
さらに進化したのは、ビヨンビヨーンで、のびのびのジャージ素材です

この販促タグに偽りありません

・肌に触れる部分はナイロンを使い、スベスベ感を演出

・ポリウレタン混なので。これまでのデニムでは感じたことがない
のびのびを体感

・表面はコットンなので、ホンモノの風合い

EDWINのビンテージボタン。

ウエストまわりのリブ使いは、ジャージそのもの。
本家のものとは違い、中に潜ませることで、よりデニム感を際立たせています

Wネームのパッチも、さらなる特別感。

オールシーズン使いえる色合いのMD/USEDカラー
夏っぽくロールアップでどうぞ!

シルエットは。スリムよりの細身ストレートです

股上を深くし、通常のローライズデニムの履き位置でトップボタンを閉めれば
瞬く間にこなれたヒップハングパンツシルエットを演出してくれます

所々にある汚し加工もやり過ぎなく、いい具合です

少し、ハイウエストなことで、腰履きが苦手な方も安心してお腹を隠せちゃえます!

細身ですが、最強の履き心地です
明日12日、全国一斉発売ですが、ご予約分もあり少ない在庫となりますので
お早めにご検討よろしくお願いします!

DNM1308004
EDWIN JERSEYS ONE WASH
¥19,000+税
2 / 3 / 4

ワンウォッシュは秋冬にアウターと合わせてもかっこいいですね
生地感は、まんまジャージですので厚すぎることはありません

美脚パンツシルエットを提唱し続けるjunhashimotoとの最高のコラボレーション!
junhashimotoらしい、かなり洗練された特別な仕様となっています
サイズはぴったりでも、ゆるく選んでも自由なスタイルがうれしいですね

お早めにどうぞ!

 

Recommend

1

MARNI POETER 14弾 色々と入荷しました。 どれも、やっぱり良いです。 HOLDING ZIP WALLET ¥37,000+税   実にお出かけ心をわかっているALL IN O ...

2

生活習慣の「作業」が「感動」へと変わるSUWADAのつめ切りの販売を開始しました。 1926年創業の諏訪田製作所 刃物産地、新潟県三条市にて素材選びから仕上げまで一貫してこだわり抜き、全て職人の手によ ...

-junhashimoto

© 2020 SOUP | スープ公式ブログ