BLUE BLUE JAPAN / OKURA

「粋」を履く。~I'm from Japan~

「おしゃれは足元から」

少なくとも、ファッション業界に身を置くものとして、
たしかにそうだなと実感する言葉です。

履くものがおろそかだと、良いものを着ていても全体が微妙にみえてしまう不思議。
季節感があらわれるアイテムであり、
いわゆる「ハズシ」でこなれ感を出せるアイテムであり、
なによりも、買って高揚感が上がるアイテムですよね。

本日は、日本らしい履き物を紹介です。

BLUE BLUE JAPAN
700030357
イチマツシャドーチェックハナオセッタ
¥5,700(6,156)

雪駄(せった)です!

日本独自の履き物を、この夏にご提案。

市松模様の畳表は、まさに「和」
素足で履いても気持ちが良い仕様です。

現代的なファッションのくくりでは、
どちらかというと夏に履くことが多いアイテムですので、
いつものサンダルに変えて、こんな日本らしい雪駄はいかがですか?

適度に柔らかく、脚にフィットする鼻緒。
幅は、鼻緒ずれしにくいといわれている20mm幅に設定されています。

色のトーンが落ちついているので、大人っぽく履いていただけます。
洋服にも抜群の相性。
コーディネートは、後で紹介させてください。

しかし、この雪駄を良く見ると、他の靴とは違った「造形美」を感じます。

究極のミニマムを追求したシンプルかつ

シンメトリーの美しさ

日本らしい奥深い美学を感じます。
伝統のなせる匠の技。

秘密は、この踵の裏側。

革のプロテクターを装着して耐久性を向上しています。

そして、この尻鉄と呼ばれる金具が特徴です。

これが歩く度に、「チャリチャリ」と音が鳴り、なんとも「粋」な演出をしています。
日本人が感じる、音への美意識にうったえかける風流な音色なんです。

鼻緒の裏には、日本製の証。
価格は比較的お求めやすいかと。

あっという間に、花火の季節も近づいてきますので、
薄着となる夏は足元でおしゃれを楽しみましょう!

雪駄(せった)、おすすめです!

 

Recommend

1

MARNI POETER 14弾 色々と入荷しました。 どれも、やっぱり良いです。 HOLDING ZIP WALLET ¥37,000+税   実にお出かけ心をわかっているALL IN O ...

2

生活習慣の「作業」が「感動」へと変わるSUWADAのつめ切りの販売を開始しました。 1926年創業の諏訪田製作所 刃物産地、新潟県三条市にて素材選びから仕上げまで一貫してこだわり抜き、全て職人の手によ ...

-BLUE BLUE JAPAN / OKURA

© 2020 SOUP | スープ公式ブログ